変形性股関節症

こんにちは。だいふく鍼灸整骨院です。

 

今日は変形性股関節症についてお伝えしたいと思います。

変形性股関節症とは股関節の変形により股関節のかみ合わせが悪くなって痛みがでる病気です。

 

発症原因には発育時の股関節のかみ合わせが悪くなることや加齢による軟骨のすり減り、体重増加なども原因となります。

 

主な症状は関節の痛み動きの制限です。

最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。

 

症状が進行すると痛みを常に感じるようになります。

 

変形性股関節症を発症してしまった方は関節の負担を減らして悪化させないことが重要です。

 

 

        

 

根本的な改善には2つの方法があります。

1つは「手術」です。

変形して壊れてしまった部分を手術で人工的な物に入れ替えます。

 でもやっぱり手術はしたくないですよね。

 

そこで2つ目の方法が「骨盤の歪み」 筋力強化」です。

この2つを行うことで骨の変形が進行していくのを防ぐことができます。

当院でも骨盤の矯正、筋肉トレーニングを行い変形性股関節症に対しても治療を行うことができます。

股関節の痛みでお悩みの方は1度ご相談ください。

 

見奈良院
089-964-3331
西垣生院
089-906-2718
石井院
089-958-6116
宇和院
0894-62-5821
平井院
089-993-7507
夏目院
089-994-7088

だいふく鍼灸整骨院 営業時間

定休日:水曜・祝日

交通事故治療 患者さまの声 だいふく鍼灸整骨院 採用情報 お問い合わせ
妊活バナー