腱板損傷

こんにちは!だいふく整骨院です!!

今日は「腱板損傷」についてお伝えします。

 

「腱板」とは肩を支える大切なインナーマッスルである「肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)」という4つの筋肉の腱が集まった場所です。

 

 

この腱板が切れてしまったり、傷ついてしまうことを「腱板損傷」と言います。

 

腱板損傷の主な原因は大きく3つあり、

①外傷

②年齢の問題(加齢性変化)
③オーバーユース(使いすぎ)

これらが原因で腱板損傷は発症します。

 

症状は部分断裂・損傷の場合、腕を横に挙げた時(60°~120°)に肩に痛みを感じ(他人に動かされたら痛みはあまりでないことが多い)、

完全断裂の場合は何もしていなくても痛みを感じます。

 

治療は徒手検査による腱板損傷の確認、手技により周囲軟部組織の回復促進、超音波治療で血行を促進させ損傷部位及びその周囲組織の回復促進を行います。

 

予防には棘上筋、棘下筋のトレーニングをお勧めします。

 

 

肩に痛みや違和感を感じたら、お気軽に近くのだいふく整骨院へご相談ください。

 

見奈良院
089-964-3331
西垣生院
089-906-2718
石井院
089-958-6116
宇和院
0894-62-5821
平井院
089-993-7507
夏目院
089-994-7088

姫原院
089-924-7670

だいふく鍼灸整骨院 営業時間

定休日:水曜・祝日

交通事故治療 患者さまの声 だいふく鍼灸整骨院 採用情報 お問い合わせ
妊活バナー