妊娠中の骨盤とマタニティ整体

「妊娠しているから腰痛は我慢しよう」
「出産したら腰痛はよくなるはず」
そんな風に思っている妊婦さんが多いのではないでしょうか。
ですが、それは大きな間違いです。

そこで、今回のテーマは「マタニティ整体」についてです。

〇妊娠中の骨盤はゆるんでひらく

1.妊娠中のホルモン

お母さんの体内では妊娠初期からリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは骨盤をゆるめて赤ちゃんが大きく成長するためのスペースをつくります。また、出産時に赤ちゃんの通り道を広くするはたらきもあります。

しかし、妊娠中に骨盤がゆるんでグラグラになると、様々な不調が現れはじめます。

これをそのまま放っておくと、妊娠中はもちろん、出産や産後にも悪い影響を与えます。

2.ゆるんで不安定な骨盤

赤ちゃんが大きくなると、骨盤にかかる重みも増えていきます。

ゆるんだ骨盤は重さに耐えきれなくなり、骨盤周囲の痛みが出現します。

また、骨盤がゆるむことで、もともとある体のゆがみが大きくなる方もいます。そうなると、妊娠中の姿勢がさらに悪化し、産後の体型も元通りにはなりません。

3.マタニティ整体

整体を受診する妊婦さんの多くは、腰痛や肩こりでお困りの方々です。

当院のマタニティ整体では、これらの症状に対して、腰や肩だけを部分的に診るのではなく、全身のバランスを整えることで症状を改善します。

お母さんの体が健康なら、お腹の赤ちゃんも元気でいられます。10か月というマタニティライフは一生に何回も経験できることではありません。

出産までの大切な毎日を楽しく過ごすためにも、わずかでも不調を感じたときはすぐにご相談ください。

梅岡レディースクリニックでマタニティ・産後・妊活整体をしています。
詳細は、下記をご覧ください。

だいふく鍼灸整骨院 営業時間

定休日:水曜・祝日

交通事故治療 患者さまの声 だいふく鍼灸整骨院 採用情報 お問い合わせ
妊活バナー